妊娠糖尿病 症状

妊娠のことなら!【妊娠大事典】>妊娠中の心配事2>妊娠糖尿病 症状

 

 

妊娠糖尿病 症状

 

妊娠糖尿病とは、妊娠をきっかけとして血糖値が高くなるなどの糖尿病の症状があらわれることをいいます。

 

妊娠後初めて糖尿病になることを
「妊娠糖尿病」、
もともと糖尿病の人がそのまま妊娠することを
「糖尿病合併妊娠」といいます。

 

妊婦の2%が妊娠糖尿病にかかるとされ、
母体や胎児に深刻な影響を及ぼす病気です。

 

 

 

妊娠糖尿病 症状

 

<妊娠糖尿病の症状と影響>

  • 血糖値の上昇
  • 妊娠高血圧症候群
  • 羊水過多症
  • 尿路感染症
  • 巨大児
  • 新生児の低血糖
  • 高血圧、むくみ、貧血の悪化 
  • 流産、早産、難産のリスク増大

 

 

妊娠糖尿病 症状

 

一般的に妊娠糖尿病は普通の糖尿病よりも血糖値は高くならず、ひどい高血圧や動脈硬化などの症状を引き起こすことは少ないとされています。一時的な症状とされる妊娠糖尿病ですが、胎児に与える影響は大きく、悪化すると出産後に本当の糖尿病に移行することがあります。

 

妊娠糖尿病は出産後には症状がなくなることが多いのですが、
出産に弊害の多い病気ですので、早期の治療が必要です。

 

主な治療は食事療法と運動療法です。症状によっては薬で血糖値をコントロールします。これは普通の糖尿病治療とあまり違いはありません。

 

糖尿病には体質が大きく影響します。妊娠前から血糖値が高かった人は、妊娠中に特に気をつける必要があります。もともと糖尿病の人は、できれば治療し改善してから妊娠するのが望ましいです。