妊娠 ニキビ

妊娠のことなら!【妊娠大事典】>妊娠中の心配事PART2>妊娠 ニキビ

 

 

妊娠 ニキビ

 

いままでニキビなんてほとんどできなかったのに、妊娠したら急にニキビ(大人だから吹き出物?)が増えた、という経験はありませんか?

 

妊娠すると皮膚が敏感になってさまざまな肌トラブルを引き起こしますが、ニキビもそのひとつです。ただでさえマイナートラブルの多い妊娠中に、顔にポツポツができたら憂鬱ですよね。

 

なぜ妊娠中はニキビができやすいのでしょうか?
また、どうすれば改善できるのでしょうか?

 

 

 

妊娠 ニキビ

 

妊娠中はホルモンの働きによって血液の量が増加し、血行が良くなります。すると皮膚の下にあるさまざまな腺もその働きを活性化させます。

 

皮脂線であれば皮脂の分泌を増加させ、
汗腺であればいつもより多く汗をかき、
色素をつくる腺はより色素を沈着させます。
妊娠中にニキビができたり、汗っかきになったり、シミやそばかすが増えるのはこのためです。

 

この症状は妊娠初期から妊娠中期にかけて多く、妊娠後期から出産にかけてはおさまってきます。しかし後に残るのもイヤですから、なるべくニキビにならないように心がけたいですよね。

 

 

妊娠 ニキビ

 

生活スタイルや食生活を改善するだけでもずいぶん肌の状態は変わってきますよ。

 

まず、規則正しく質の良い睡眠です。夜更かしはニキビの栄養源です。次に食生活。甘い物やジャンクフード、辛くて刺激の強いものを控え、ビタミンや亜鉛、コラーゲンの豊富な食品を選びましょう。あとは洗願などのスキンケアも重要です。