妊娠 ゲップ

妊娠のことなら!【妊娠大事典】>妊娠中の心配事PART2>妊娠 ゲップ

 

 

妊娠 ゲップ

 

ゲップとは、胃に溜まったガスが食道を通って口から放出される現象です。妊娠中には吐き気や胸やけなど消化器系の変化が起こります。これらの諸症状をまとめて「つわり」と呼びます。

 

ゲップもつわりの症状の一つと考えて良いでしょう。特に妊娠初期に多い症状です。どうして妊娠中にはゲップがよく出てしまうのでしょうか?

 

妊娠すると大量に分泌されるプロゲステロンというホルモンは、腸の動きを抑制する作用があります。そのため、食物や胃酸は通常よりも長く胃の中にとどまることになります。

 

 

妊娠 ゲップ

 

また、胃の入り口の筋肉が弛緩したり、子宮が大きくなって胃が押し上げられたりすることによって、逆流性食道炎になり、ゲップを誘発します。胸やけやゲップをおさえるには、いくつか方法があります。

 

<妊娠中のゲップを改善する方法>

  • 少量を小分けにして食べる
  • 食後すぐ横にならない
  • 寝る数時間前は食べない
  • 右側を下にして寝る(胃の消化物が下がりやすい)
  • 消化に時間のかかる食物を避ける(脂っこいものなど)
  • 食前に乳製品を食べる(胃をコーティングする)

 

 

妊娠 ゲップ

 

 

妊娠中は胃酸の量が減少するために消化不良になりやすいのですが、反面胃潰瘍が改善するなどの副効用があります。

 

ゲップは不快な症状ですが、つわりの症状が治る頃にはおさまってきます。