妊娠 不安

妊娠のことなら!【妊娠大事典】>妊娠中の心配事PART2>妊娠 不安

 

 

妊娠 不安

 

妊娠中は誰でも不安を感じるものですよね。妊娠中は精神的に過敏になって不安を感じやすい体質になる上、不安を感じる材料がたくさんあるのです。

 

妊娠初期は大量に分泌が始まったホルモンの影響を強く受ける時期です。さまざまな妊娠初期症状のひとつに、不安も含まれます。

 

精神的に過敏になりがちな状態に加え、つわりや吐き気、腰痛や頭痛など不快な症状に悩まされるからです。

 

 

妊娠 不安

 

妊娠後期になると、お腹が大きくなることに伴う身体的負担が、不安感を増大します。また、出産が間近になると分娩への恐怖を感じることも影響します。

 

私も始めての妊娠で、つわりもおさまり妊娠安定期に入った頃に、無性に分娩の恐怖を感じました。病院の母親学級で、分娩室を見学した時にますます怖くなりました。

 

実母にその不安を言ったら「人間、世界中にあふれているじゃない。それ全員、女性が皆産んだのよ。こんなに沢山の人がいて、こんなに沢山の人が出産しているんだから大丈夫よ♪」と言われた時、スッーと不安が消えてなくなったのを覚えています。皆さんのご参考になればと思います。

 

 

妊娠 不安

 

それ以外に、

  • 夫婦関係や家族関係、
  • 仕事の兼ね合い、
  • 子供を持つことへの心構えができていない、
  • 我慢すべきことが増えることへの不満がつのる、

などの環境的な要因が、精神的不安を増大させる要因になります。

 

多少の不安なら人間だれにでもあることですが、
あまりにも強い不安や恐怖は子宮収縮を促す恐れがあります。

 

 

妊娠 不安

 

強い不安は微弱陣痛や難産につながると言われ、赤ちゃんの安全にも影響します。

 

まったく不安を感じてはいけない、というのはちょっと無理だと思いますが、なるべく人に話を聞いてもらうなどして、不安を解消する努力をしてみましょう。

 

夫や家族、友人、助産師さん、お医者さん、誰でもかまわないので、自分の中にため込まず外へ出すことが重要ですよ。