妊娠 咳

妊娠のことなら!【妊娠大事典】>妊娠中の心配事PART2>妊娠 咳

 

 

妊娠 咳

 

妊娠中に咳をすると、腹圧がかかって子宮収縮に影響するのではないかと心配です。妊娠中の咳は胎児に悪影響はないのでしょうか?

 

まず、通常の妊娠の場合、咳で流産や早産が促されることはないのであまり心配しないでください。

 

もし切迫流産や切迫早産のおそれで生活に制限をかけられている人は、どの程度なら大丈夫か担当の医師に確認してみてください。

 

 

妊娠 咳

 

妊娠中の咳の原因はいくつかありますが、主に感染か乾燥です。

 

妊娠中は意外と菌やウィルスへの抵抗力が落ちているので、風邪などにかかりやすいのです。また、もともと体が乾燥しやすい人は、妊娠によって血液や栄養が下腹部に集中して、上半身が乾燥して熱を帯びやすい状態になることがあります。乾燥や熱は咳を引き起こす原因になります。

 

一般的な咳止めは中枢神経に働きかけるものがあるので、自己判断での使用はおすすめできません。

 

 

妊娠 咳

加湿器などで乾燥を防ぎ、大根や玉ねぎなど殺菌作用のある食べ物を摂るようにしましょう。シロップなどは使用上の注意で妊婦が使っても良いか確認する必要があります。

 

寝る時に咳がひどくなる人が多いようですが、状態を少し起こして寝ると楽になることがあります。どうしても長く続く場合は、ただの風邪ではなく百日咳などの感染症の可能性があります。つらい時は、産婦人科で相談するとよいでしょう。