妊娠 骨盤

妊娠のことなら!【妊娠大事典】>妊娠中の心配事PART2>妊娠 骨盤

 

 

妊娠 骨盤

 

「妊娠中は骨盤が開く」、ということを聞いたことがありますか?骨盤は妊娠していなくても1日のうちで開いたり閉じたりしています。
しかし、妊娠中はその開閉幅が大きくなり、出産時に最大になります。

 

そのため、妊娠中に骨盤付近に痛みを感じたり、出産後、骨盤がうまく閉じなくてさまざまなトラブルを抱えることがあります。

 

妊娠するとリラキシンというホルモンが分泌され、骨盤のじん帯がゆるみます。お腹の中に赤ちゃんのスペースを確保して、出産時に通りやすくするためです。

 

 

妊娠 骨盤

 

この時、恥骨や腰など骨盤周辺に痛みを感じる人が多くいます。特にもともとじん帯や筋肉が強くない人は、痛みがひどくなる傾向があります。

 

あまり骨盤がゆるみ過ぎると、ひどい腰痛になってしまったり、臨月になる前に赤ちゃんが下がって切迫早産になってしまう危険性があります。

 

 

妊娠 骨盤

 

 

また、出産後には通常骨盤は元に戻るのですが、うまく閉じないと後が大変です。

 

骨盤にゆるみやゆがみがある状態のままだと、産後、

  • 冷え症・
  • むくみ・
  • 肥満・
  • 姿勢の悪化・
  • O脚・
  • 尿漏れ

などさまざまな症状に悩まされることになります。

 

 

妊娠 骨盤

 

最近ではベルトやサポーターなど、いろいろな骨盤矯正グッズが売られています。

 

使用する際は正しく装着しないと効果がないことがあるので注意して下さい。不安なら、整体やカイロプラクティックなど専門の治療院に行くのも良いでしょう。