カンジダ 妊娠

妊娠のことなら!【妊娠大事典】>妊娠中の心配事PART2>カンジダ 妊娠

 

 

カンジダ 妊娠

 

カンジダとは、膣や外陰部におこる炎症のひとつです。

 

カンジダ真菌はもともと人間の体に常在している菌で、健康であれば何も問題はありませんが、疲労や体調不良で体力が低下すると、菌が増殖してかゆみや炎症をおこします。

 

妊娠中は疲れやすいのでカンジダになりやすいとわれています。

 

 

 

 

カンジダ 妊娠

<カンジダ膣炎の症状>

  • 外陰部に強いかゆみがある
  • 外陰部が赤く腫れ、ただれている
  • おりものの量が増える
  • おりものがカッテージチーズのようにポロポロしている

 

カンジダはおりものの変化が特徴です。白くて
ポロポロしているおりものが出ていたら要注意です。

 

 

 

 

カンジダ 妊娠

妊娠中のカンジダはそのままにしておくと、出産時に赤ちゃんに感染してしまいます。赤ちゃんの鵞口瘡や皮膚炎の原因になってしまうので、妊娠中の感染は早めの治療が必要です。産婦人科でもカンジタの治療薬は処方してもらえます。

 

薬は膣内に入れる錠剤と、かゆみをおさえる塗り薬が一般的です。カンジダは再発しやすい病気ですので、一度治ったからといって油断は禁物です。

 

予防するためには、体力を落とさないようにするのが大切です。妊娠でつわりがあっても、栄養状態が悪化しないように工夫して下さい。睡眠もしっかりとりましょう。

 

妊娠中はいつもと違う下着をつける人が多いと思いますが、これもカンジダに原因なります。あまり締めつけず、通気性や吸水性に優れた下着が良いでしょう。