妊娠 体温 下がる

妊娠のことなら!【妊娠大事典】>妊娠中の心配事2>妊娠 体温 下がる

 

妊娠 体温 下がる

 

妊娠中の女性は、自分の体温や冷えについて、いつも以上に注意深くなる必要があります。妊娠中の体温は妊娠の状態を示すヒントになりますし、冷えは母子の健康に影響するからです。

 

通常、妊娠初期は基礎体温が高温期にありますが、急に下がるようだと注意が必要です。

 

妊娠初期症状である高温期の体温が下がる場合、自然流産のおそれがあります。つわりが急になくなるなどの変化もあるようです。明らかに体温が下がる感覚がある時は、医師に診てもらった方が良いかもしれません。

 

 

 

妊娠 体温 下がる

 

逆に、体温が低温のままなのに妊娠していることもあるのでしょうか?これも特別珍しいことではありません。自分が思っているよりも基礎体温が低かったのかも知れませんし、本当に低温期のまま妊娠したのかも知れません。

 

冷えは妊娠の大敵です。妊娠中は体が冷えないように気を配りましょう。冷えは血行の悪さからおこるものなので、母体の血液から栄養をもらっている胎児にとって、血流の悪さは栄養や酸素の不足につながります。

 

また、冷えは腰痛や便秘などのマイナートラブルを悪化させます。冷えは妊娠にとって何ひとつ良いことはありません。

 

 

妊娠 体温 下がる

 

基本的に、もともと冷え症の人は妊娠しても冷え症のままです。また、時々冷え症の自覚がない人もいます。冷え対策は妊婦の共通の課題だと認識して、

  • 足湯や
  • 入浴、
  • 体を温める食品などを取り入れて、

ぽかぽかの妊娠生活をしましょう。