妊娠性痒疹

妊娠のことなら!【妊娠大事典】>妊娠中の心配事PART2>妊娠性痒疹

 

 

妊娠性痒疹

 

妊娠中に体に赤い湿疹のようなものができて、強いかゆみを感じるという経験はありませんか?このような症状を妊娠性痒疹(ようしん)といいます。

 

通常の蕁麻疹(じんましん)は食物や金属、温度差や外部刺激が原因となって引き起こされますが、妊娠性痒疹はホルモンバランスの変化が原因だと考えられています。

 

妊娠中期から妊娠後期にかけてなることが多く、腕や足、胸、背中、お腹など、体のあらゆる場所にみられます。
妊娠性痒疹は、出産が終われば自然と消えてなくなります。
しかし、次の妊娠の時に再発することがあります。

 

 

妊娠性痒疹

 

妊娠性痒疹になったら、どうしたらよいのでしょうか?

 

まず、痒いのは分かりますが掻かないようにしましょう。
冷やすか軽くたたくだけでもかゆみが和らぎます。
また、ストレスをためると悪化することが多いので、妊娠中だからといって家に閉じこもらず、気分転換するようにしましょう。

 

ひどい場合は病院で診てもらいます。軟膏やクリームなどの塗り薬であればそれほど神経質になる必要はありませんが、できるだけ医師の処方に基づくものにして下さい。重症の場合は内服薬を服用することもあります。

 

妊娠性痒疹の他にも、妊娠中には皮膚トラブルが多くあります。妊娠性掻痒(そうよう)症や妊娠性疱疹(ほうしん)です。妊娠中は胎児の発育以外にもいろいろ悩ましいことがありますね。