妊娠13週

妊娠のことなら!【妊娠大事典】>妊娠○週で調べる>妊娠13週

 

 

妊娠13週

 

妊娠13週は、妊娠4ヶ月の2週目です。
赤ちゃんは指しゃぶりをするなど、複雑な動きができるようになりました。お母さんはつわりなどの症状が和らぐ一方で、便秘など別の悩みが出てくる頃かも知れません。

 

妊娠13週の赤ちゃんは、
身長(頭殿長)が75mm、
体重が20gほどです。

 

この頃からだんだん体の大きさや成長のスピードに個人差が出てくるようになります。

 

 

妊娠13週

 

親指をしゃぶるなど、指を使い分けられるようになります。手に何かが触れたら反射的に握る反応を「掌握反射」といい、妊娠13週頃には見られます。この頃の赤ちゃんの手にふれることができたら、あなたの指を握ってくれるでしょう。

 

その他、手首を曲げたり、足の甲を動かしたり、つま先を丸めるなど、かなり細かい動作もできるようになりました。肺はまだ羊水に満たされていますが、肺を動かして呼吸の練習のようなことをしています。

 

 

 

妊娠13週

 

妊娠10週までがつわりのピークと言われていますから、
妊娠13週頃には治まっている人が多いでしょう。

 

つわりが治まると次に襲ってくるのは旺盛な食欲です。
食事が楽しいのは良いことですが、食欲のままに食べると肥満や高血圧になるおそれがあります。

 

また、ホルモンの影響と、大きくなってきた子宮が原因で、便秘になりやすい時期です。食物繊維の豊富なメニューを選び、規則正しい食生活を送って下さい。妊娠13週においてはまだ骨は作られている途中ですから、カルシウムもしっかりとりたい栄養素です。