妊娠14週

妊娠のことなら!【妊娠大事典】>妊娠○週で調べる>妊娠14週

 

 

妊娠14週

 

妊娠14週は妊娠4ヶ月の3週目です。もう少しで胎盤が完成します。赤ちゃんは体や手足の比率が出産時とほぼ同じになります。そろそろお腹のふくらみが気になりだしたお母さんがいる頃です。

 

妊娠14週の赤ちゃんは、身長(頭殿長)が80〜93mm、体重が25gほどです。

 

ただし、妊娠初期を過ぎると胎児の大きさには個人差が出てくるので、あまり気にする必要はありません。雑誌や専門書、妊娠に関するウェブサイトでも、平均身長や体重に誤差が見られます。

 

 

 

妊娠14週

 

妊娠14週時点では、赤ちゃんに脂肪はまだついていませんが、筋肉や骨格がしっかりしてきて、頭と体や手足の比率が出産時と変わらなくなります。

 

羊水の中でクルッと回転するくらい、運動量が増えて来ます。

 

妊娠14週頃には、脳細胞をつなぐ神経回路が作られるので、
大きな音なら聞こえているのではないかと言われています。

 

こうした脳の機能の成長期に、お母さんが強いストレスを感じると、それが赤ちゃんに影響することがあります。できるだけ穏やかな生活を心がけましょう。

 

 

妊娠14週

 

妊娠14週くらいになるともうすぐ安定期ですので、
体調も随分良くなっているでしょう。

 

散歩したりストレッチをしたり、適度な運動は心身ともに良い影響を与えます。

 

また、そろそろお腹が膨らみ始める頃です。
妊娠線予防は早めにやっておくと安心です。