妊娠15週

妊娠のことなら!【妊娠大事典】>妊娠○週で調べる>妊娠15週

 

 

妊娠15週

 

妊娠15週は妊娠4ヶ月の最後の週です。妊娠初期の最終週で、もう安定期の入り口にいます。

 

赤ちゃんの外形や器官はほぼ出来上がり、内臓などの機能も成熟しています。

 

妊娠15週〜妊娠16週の間には胎盤が完成します。胎盤が完成したら本格的に安定期ですよ。

 

妊娠15週頃の赤ちゃんは、
身長(頭殿長)が80〜93mmに、体重は80gほどです。

 

 

 

妊娠15週

 

体の外形や器官などの大まかな作りはほぼ完成しており、内臓などの機能もこの1ヶ月で見違えるほどに成熟してきました。

 

指紋ができ、爪が完成するなど、細かい部分も着実にできてきています。

 

妊娠15週頃になると、顔の表情にバリエーションが出てきて、
しかめっ面やリラックスした顔などを見せてくれます。

 

まぶたはまだ開いていませんが、まぶたの下では眼球がゆっくりと動くようになっています。

 

 

妊娠15週

 

この時期の心臓は小さいながらも力強く動いていて、
1日に25リットルもの血液を循環させています。

 

赤ちゃんが口にふれたものを反射的に吸う行動を「吸啜(きゅうてつ)反射」といいます。妊娠15週には子宮の中で赤ちゃんの吸啜反射が始まっています。

 

妊娠15週には胎盤ができている人も多いと思われます。胎盤が完成すると、栄養や酸素は胎盤を通して受け渡しが行われます。胎盤がこのような大変な仕事を代行してくれるようになって、母体は非常に楽になります。