妊娠17週

妊娠のことなら!【妊娠大事典】>妊娠○週で調べる>妊娠17週

 

 

 

妊娠17週

 

妊娠17週は妊娠5ヶ月の2週目です。
頭でっかちだった赤ちゃんの体型は、
頭と体、手足のバランスがとれてきました。

 

子宮の中の赤ちゃんに酸素と栄養を届けるため、母体はハードな働きが求められ、心臓は普段よりも4割増しで働いています。

 

妊娠17週の赤ちゃんは
身長(頭殿長)が11〜12cm、
体重は100gくらいまで成長します。

 

 

 

妊娠17週

 

まだ皮下脂肪がついていないため、
生れた赤ちゃんのようにプクプクした感じはありませんが、体のバランスは産後の赤ちゃんと同じです。

 

妊娠17週になると、皮下脂肪の代わりに褐色脂肪がつき始めます。
褐色脂肪は肩甲骨の裏など体の奥また奥につく脂肪で、体温を調節する役割があります。生れたての赤ちゃんが濡れた裸の体なのに寒さで震えないのは、この脂肪のおかげです。

 

 

 

妊娠17週

妊娠17週頃になると、赤ちゃんの骨がしっかりしてくるので、超音波検査で骨が映るようになります。検査ではこの骨を見て
赤ちゃんの成長が順調かチェックをします。

 

赤ちゃんがどんどん大きくなるので、お母さんの体はますます忙しくなります。妊娠17週頃のお母さんの心臓は、普段の4割多く働いています。エネルギーを必要とするので、炭水化物などの吸収の良いエネルギーを摂りましょう。お母さんが摂った栄養は、2時間後には赤ちゃんに届けられます。