妊娠21週

妊娠のことなら!【妊娠大事典】>妊娠○週で調べる>妊娠21週

 

 

 

妊娠21週

 

妊娠21週は妊娠6カ月の2週目です。
妊娠21週0日は受精してから133日目、
出産予定日まであと133日で、ちょうど
折り返し地点にあたります。
「まだ半分!?」と感じるでしょうか。
「もう半分!?」でしょうか。

 

妊娠21週の赤ちゃんは、まだ体脂肪率が3.5%くらいしかありません。これから徐々に皮下脂肪を蓄えていって、妊娠8ヶ月頃に丸みを帯びた赤ちゃんらしい体になってきます。

 

 

 

妊娠21週

 

筋肉と骨格がしっかりしてきて、
さらに羊水の量がどんどん増えてくるので、赤ちゃんはお腹の中でクルクル回転したりして活発に動いています。

 

よく頭が上にあることがありますが、妊娠21週の時点で逆子かどうかは気にする必要はありません。

 

なお、羊水は外の気温に関係なく一定の温度に保たれており、お母さんがどこかにぶつかっても衝撃が赤ちゃんに直接加わらないようになっています。

 

 

 

妊娠21週

 

羊水は赤ちゃんが快適で安全にすごすための大切なものなので、お母さんは毎日十分な量の水分を取る必要があります。

 

妊娠21週になると、お母さんはどんどん胸やお腹が大きくなって妊婦さんらしい体型になってきます。自覚がなくても体の重心が変わってきますから、ちょっとした段差などで転びやすくなります。また、子宮が大きくなることで便秘にもなりやすくなります。食物繊維の豊富な食事と十分な水分と運動を心がけましょう。

 

妊娠中の増えすぎる体重増加の対策はこちらにまとめてあります。