妊娠中の不安、悩み、疑問質問が生じた時に役立つ

妊娠のことなら!【妊娠大事典】>妊娠○週で調べる>妊娠33週

 

 

 

妊娠33週

 

妊娠33週は、妊娠9カ月の2週目です。
妊娠33週頃には、赤ちゃんは骨がほとんど完成し、外の環境に適応して生存できるだけの機能が備わっています。

 

妊娠33週頃のお母さんは、お腹が大きく重くなって同じ姿勢でいることがつらく、寝苦しさを感じているかも知れません。

 

妊娠33週の赤ちゃんは、まだ柔らかさを残しつつも骨格がほとんどできあがりました。

 

妊娠33週

 

 

 

脳の発達は続いていますが、五感はすべて働いている状態です。

 

刺激が限られている視覚や嗅覚に比べて、触覚や聴覚の成長は目覚ましいものがあります。視覚が完成するのは出産後です。

 

ずっと薄暗い子宮の中で過ごしていたため、出産直後の赤ちゃんは分娩室がまぶしくて目をあけられません。瞳の色も人種に限らず青っぽい色をしていて、最終的な目の色になるには数週間かかります。

 

 

妊娠33週

 

妊娠33週頃には、お腹が大きくなって背中を反るような姿勢をとる人が多いのですが、これは腰痛を引き起こしやすいので、できるだけまっすぐ立つようにしましょう。

 

また、仰向けで寝るのもそろそろ辛いかも知れませんね。血流を妨げず苦しくないようにするには、「シムスの体位」がおすすめです。左側を下に横向きに寝て、上になった足を軽く曲げる姿勢です。ですが、お母さんが楽なら、どんな姿勢でも良いと思います

 

妊娠中の増えすぎる体重増加の対策はこちらにまとめてあります。