妊娠中の不安、悩み、疑問質問が生じた時に役立つ

妊娠のことなら!【妊娠大事典】>妊娠○週で調べる>妊娠36週

 

 

妊娠36週

 

妊娠36週は、妊娠10ヶ月の最初の週です。
臨月を迎えました。妊娠週数と出産の関係を整理しておくと、以下のようになります。

  • 臨月・・・妊娠36週〜39週
  • 早産・・・妊娠36週末まで
  • 正産期・・・在胎37週0日から41週6日まで
  • 予定日・・・妊娠40週0日目

一般的に妊娠36週になって赤ちゃんの体重が2500g以上あり、胎外で生活できる状態であれば、「成熟児」と呼ばれます。

 

 

 

妊娠36週

 

病院では、妊娠36週目から、検診が週に一度になります。いつ生まれるか分からないので、頻繁にチェックしようということですね。

 

赤ちゃんは、心臓・肝臓・肺・胃腸・腎臓などすべての内臓が出産時に必要な大きさと機能を備えています。呼吸も体温調節もできるので、今すぐ生れても問題ありません。

 

早い人は妊娠36週頃には赤ちゃんが下がって骨盤の中におさまります。すると、ずっと子宮に圧迫されていた胃腸や肺が解放され、食欲不振や息苦しさが改善します。しかし、食べすぎには注意して下さい。

 

 

妊娠36週

 

この時期は甘いものが欲しくなるなどの嗜好の変化や、産休や里帰りなどであまり動かなくなるなどの影響のため、体重が増えやすい状況にあります。

 

最後まで気を抜かず、妊娠高血圧症候群にならないよう気をつけましょう。妊娠後期になると1割の妊婦さんが妊娠高血圧症候群にかかると言われており、重症化すると母子ともに危険な状態になります。

 

妊娠中の増えすぎる体重増加の対策はこちらにまとめてあります。