妊娠中の不安、悩み、疑問質問が生じた時に役立つ

妊娠のことなら!【妊娠大事典】>妊娠○週で調べる>妊娠38週

 

 

妊娠38週

 

妊娠38週は、妊娠10ヶ月の3週目です。
赤ちゃんはそろそろ身長が50cm近く、体重は3kgに達している子もいます。お母さんは恥骨や脚の付け根が痛んだり、前駆陣痛やおしるしがあったりします。

 

妊娠38週頃の赤ちゃんは、脂肪がどんどん蓄えられ、皮膚がますます厚くなってきています。半透明で体の中が透けて見えていたのがすっかり見えなくなってしました。

 

妊娠38週頃から赤ちゃんは1日約14gの脂肪をつけ、ふっくらとした赤ちゃんらしい体型になっていきます。

 

 

 

妊娠38週

 

妊娠38週頃のお母さんは、恥骨や脚の付け根がしきりに痛みます。これは、下がってきた赤ちゃんの頭に押されるためです。また、お尻や太ももや腰にしびれるような痛みを感じるのも、坐骨神経などの骨盤周辺の神経が圧迫されるためです。

 

痛みを緩和するには、患部を温めたり、楽な姿勢をとったり(シムスの体位など)、軽い体操をするのが効くのだそうです。

 

 

 

 

妊娠38週

 

おしるしや前駆陣痛も、妊娠38週までくれば
十分あり得ます。おしるしは血がまじった茶色っぽいおりものです。おしるしがあれば3日以内に生れると言われていますが、実際はそこまで厳密ではありません。

 

前駆陣痛は不規則なお腹の痛みや張りを感じることです。陣痛は規則的なのが特徴ですから、少し強めの痛みでも長続きせず不規則なのは前駆陣痛だと思われます。

 

しかし、初めてのお産で前駆陣痛と陣痛を見分けるのは難しいので、迷ったら病院に電話で確認してみてください。

 

妊娠中の増えすぎる体重増加の対策はこちらにまとめてあります。