老後資金について

老後資金の作り方|老後の不安の解決方法>老後資金について

 

 

このサイトは、
・老後について漠然とした不安を抱えている方、
・将来、年金だけで生活できるのか不安な方、
・老後資金の作り方や老後の賢い暮らし方について知りたい方
・歳老いた親が心配な方
などにとって、とても役立つサイトです。

 

 

特にこのコーナー【老後資金について】は、老後資金の作り方、
実際に老後を迎えた時の注意事項などに焦点を絞って
ご説明しております。

 

 

老後について考えたら是非このサイトをご参照ください。
情報盛りだくさんです。ごゆっくりどうぞ^^

 

 

老後資金について記事一覧

老後資金

老後資金が心配なのはみんな同じだと思います。では、しっかりした老後資金計画を立てるためには、まず何をすれば良いのでしょうか?<老後資金のためにすべきこと>1) 家計の資産、負債をチェック2) 老後のライフスタイルを考える3) 年金、その他収入源を確認4) 必要な老後資金を算出上記の1〜4について具体...

≫続きを読む

 

老後資金 いくら必要?

夫婦が60歳から85歳まで、ゆとりのある老後をおくるには、1億円の老後資金が必要と言われています。「ええ!?60歳までに1億円貯めなきゃいけないってこと!?」と驚かれるかもしれませんが、大丈夫です。 これはかなり余裕を持たせた金額だと思って下さい。老後資金がいくら必要かは、いろいろな説があります。た...

≫続きを読む

 

老後資金 シミュレーション

老後はどのくらい生活費がかかるのか?年金や退職金だけでやっていけるのか?老後資金を早くから貯めておく必要があるのか?こういった不安を感じる人が多いと思います。老後資金に関する数字を具体的にイメージするために、ここでは簡単な老後資金のシミュレーション方法を紹介します。これによって老後に必要な資金額と老...

≫続きを読む

 

老後資金 夫婦

夫婦の老後資金を計算する場合、以下のことに注意して行います。「夫婦2人暮らし期」と「妻1人暮らし期」に分けて考える生活費は2人分かかるが、年金収入は妻の分上乗せ夫の死後は遺族年金を受け取る日本の平均寿命は男性が79歳、女性が86歳です。ということは、もし同い年夫婦であれば、統計上は妻の方が7年長生き...

≫続きを読む

 

老後資金 男性

男性の老後資金を考える時、以下のような特徴をおさえておきましょう。男性の方が女性より寿命が短いため、老後の期間が短い家事が苦手な場合は生活費が高くつくことも独身男性は現役時代にリッチな生活が定着しがち一般的に、男性の老後資金の必要額は女性よりも少なくて済むとされています。それは、女性の方が長生きだか...

≫続きを読む

 

老後資金 女性

女性はより真剣に老後資金について考えることをおすすめします。なぜなら、女性の老後には以下のような特徴があるからです。女性は男性よりも寿命が長い年金の分類がよく変わるので正確な年金額が分かりにくい女性の平均寿命は86歳、男性よりも7年も長生きです。その分老後資金も必要になってきます。これも、86歳まで...

≫続きを読む

 

老後資金 独身

独身世帯は夫婦世帯よりも多くの老後資金が必要と言われています。それは以下のような理由からです受け取る年金は自分の分だけ(配偶者分がない)住宅費などの固定費は夫婦の半分では済まない現役時代にリッチな生活をすると年金生活は苦しい老後資金の話でよくモデルケースにされるのは、会社員の夫と専業主婦の世帯です。...

≫続きを読む

 

老後資金 独身女性

一生を独身ですごす人は、男性で20.1%、女性でも10.6%に達することが 2010年の調査で明らかになりました。なかなか衝撃的な数字です。老後資金も、独身を想定して準備する時代になったのかもしれません。独身女性は、独身男性よりも多めに老後資金が必要だと思って下さい。なぜなら、女性の方が男性よりも長...

≫続きを読む

 

老後資金 子なし

子供のいない夫婦の場合、子供のある夫婦に比べて老後資金にどのような違いがあるのでしょうか?<子なしのメリット>教育費がかからないため老後資金を貯めやすい夫婦用なら住居費も比較的安く済む<子なしのデメリット>子供からの仕送りや扶養は期待できない同居して世話をしてくれる人がいない介護保険の手続きや送迎な...

≫続きを読む

 

老後資金 一人暮らし

最近「おひとりさまの老後」という言葉をよく耳にします。それだけ老後を一人で過ごす人が増えてきたということだと思います。一人暮らしの老後資金は、どのくらい必要なのでしょうか?一人暮らしの平均的な生活費は月15.4万円程度だそうです。厚生年金や共済年金の人なら何とかトントンになるくらいでしょうか。 しか...

≫続きを読む

 

老後資金 専業主婦

専業主婦の老後資金は少ないと言われています。老後資金の話をする場合、夫婦世帯か独身世帯かといった分け方で考えられがちですが、専業主婦個人の年金額の低さを見ると、老後資金は少ないと言わざるをえません。<専業主婦の老後資金が少ない理由>基礎年金にしか加入できない現役時代に収入がないため個人の貯蓄ができな...

≫続きを読む

 

老後資金 自営業

会社員や公務員に比べて、自営業は老後資金の公的なサポートが不足しているようにみえます。実際、会社員や公務員は年金は基礎年金に加え厚生年金の2階建て、企業年金がある会社だと3階建てで、退職金まで支給されます。それに比べ、自営業は基礎部分の1階のみ、退職金もありません。ただしこれには理由があります。自営...

≫続きを読む

 

老後 収入

老後は、給料がなくなるということが最大の不安です。しかし日々の生活費はかかります。では、老後はどのような収入に頼って暮らすのでしょうか?老後の収入には、主に以下のようなものがあります。年金個人年金退職金預貯金投資、運用月々の収入として中心になるのが年金と個人年金です。おそらく多くの人が年金を収入の柱...

≫続きを読む

 

老後資金 年金

おそらく多くの人にとって、年金が老後資金の中心となるでしょう。 年金は毎月一定額を死ぬまで給付されますので、老後の心強い収入源です。 しかし、その年金には、いくつかの不安要素があります。<年金に関する不安>年金だけでは老後資金が足りない人が多い少子高齢化で給付額はどんどん減る傾向に引退が60歳の人に...

≫続きを読む

 

老後資金 貯蓄

まとまった預貯金があると老後も安心です。 年金以外の老後資金としては、預貯金が一般的でしょう。 なんらかの“たなぼた”がある人以外は、現役時代からコツコツ貯めておく必要があります。<老後資金としての貯金の方法>普通預金定期預金積立貯金投資信託公社債(国債、地方債) 老後資金のための貯金は、「長期戦」...

≫続きを読む

 

老後資金 退職金

年金以外の老後資金で主なものには、退職金があります。公的年金だけでは不安のある老後資金を、退職金を取り崩すか年金化することで老後資金を補うことができます。ところで、退職金っていくらぐらいもらえるのでしょうか?平成20年の厚生労働省の調査によると、定年退職者の退職金は、大卒で2335万円、高卒で200...

≫続きを読む

 

老後資金 個人年金

個人年金とは、公的年金とは違い民間の金融機関が提供する金融商品です。公的年金への不信感から、老後資金をカバーするものとして脚光をあびています。個人年金には「定額型」と「変額型」があります。定額型は受け取る年金が加入時に決まっているもので、毎月積み立てて期限が来たら支払われる、定期預金の様なものです。...

≫続きを読む

 

老後資金 運用

老後資金を少しでもふやしたくて、資産運用を考える人は少なくないでしょう。しかし、営業の人に言われるままに金融商品を買うのは危険です。かといって普通預金のみだと、利息収入はほとんど見込めません。大切な老後資金を守りつつふやすには、どうしたら良いのでしょうか?<老後資金の運用のポイント>分散投資でリスク...

≫続きを読む

 

老後資金 保険

60歳になったら、保険の見直しをしてみてはいかがでしょうか?ライフステージが変われば、必要な保障も変わってきます。もしかしたら、余計な保険料を払っているかもしれません。保険料を節約できれば、老後資金の不要な出費がおさえられます。60歳までは、住宅ローンや子供の教育費、家族の生活費が大きく、保険も死亡...

≫続きを読む

 

老後資金 節約

老後資金はどのようにして貯めたら良いのでしょうか?現役時代の収入の一部を積み立てるのが一般的ですが、現役時代には何かと出費がかさむ上、収入にも限りがあります。ある程度は節約を心がけることが大切です。かといって、老後資金を貯めるために、日々の生活レベルがひどく低下するほどの節約は厳しいですし、あまり長...

≫続きを読む