老後資金 独身

老後資金について>老後資金 独身

 

 

 

老後資金 独身

独身世帯は夫婦世帯よりも多くの老後資金が必要と言われています。それは以下のような理由からです

  • 受け取る年金は自分の分だけ(配偶者分がない)
  • 住宅費などの固定費は夫婦の半分では済まない
  • 現役時代にリッチな生活をすると年金生活は苦しい

 

老後資金の話でよくモデルケースにされるのは、会社員の夫と専業主婦の世帯です。よく「年金は現役時代の50%」などという説明がありますが、これはこのモデルケースの話で、独身の場合、男性36%、女性44%です。

 

 

 

老後資金 独身

さらに、正社員でない場合はさらに苦しくなります。正社員の厚生年金は月額15万円から20万円ですが、フリーや契約社員の国民年金はその半分程度です。

 

独身は年金が半分だからといって、生活費が半分で済むわけではありませ ん。住居費や光熱費など、家族が共有できるコストを自分1人で賄う必要があ るからです。  

 

また、現役時代に全収入を自分のために使うことに慣れてしまっているため、優雅な生活をしてしまいがちですが、年金は現役時代ほどもらえないの で、その落差に耐えられなくなることが多いのです。

 

 

 

老後資金 独身

このように、年金生活において独身者は不利なので、老後資金を多めに見 積もった方が安心です。現役時代の余裕分を、できるだけ老後資金にまわす ように心がけましょう。特に子供1人に2000万とか3000万とか言われている 教育費がかからないのは独身者の特権です。この分を老後資金に役立ててく ださい。

 

 

しかも、高齢になるほど医療や介護にお金がかかるのです。ただ、長生きするほど年金の受給期間が長くなるので、あわてることはありません。女性の寿命が長く、余命の変動は老後資金に大きく影響することを覚えておいて下さい。

 

 

老後資金 独身

また、女性の場合、就職・結婚・出産・再就職というように、ライフステージの変化によって年金の分類が厚生年金、国民年金、
第3号被保険者などコロコロ変わりがちです。まず、保険料をしっかり納めているか確認して下さい。そして、最終的に年金がいくらになるのか調べておくことが大切です。

 

老後資金 独身関連ページ

老後資金
老後の不安を解消して幸せな老後を送りたい全ての方に
老後資金 いくら必要?
老後の不安を解消して幸せな老後を送りたい全ての方に
老後資金 シミュレーション
老後の不安を解消して幸せな老後を送りたい全ての方に
老後資金 夫婦
老後の不安を解消して幸せな老後を送りたい全ての方に
老後資金 男性
老後の不安を解消して幸せな老後を送りたい全ての方に
老後資金 女性
老後の不安を解消して幸せな老後を送りたい全ての方に
老後資金 独身女性
老後の不安を解消して幸せな老後を送りたい全ての方に
老後資金 子なし
老後の不安を解消して幸せな老後を送りたい全ての方に
老後資金 一人暮らし
老後の不安を解消して幸せな老後を送りたい全ての方に
老後資金 専業主婦
老後の不安を解消して幸せな老後を送りたい全ての方に
老後資金 自営業
老後の不安を解消して幸せな老後を送りたい全ての方に
老後 収入
老後の不安を解消して幸せな老後を送りたい全ての方に
老後資金 年金
老後の不安を解消して幸せな老後を送りたい全ての方に
老後資金 貯蓄
老後の不安を解消して幸せな老後を送りたい全ての方に
老後資金 退職金
老後の不安を解消して幸せな老後を送りたい全ての方に
老後資金 個人年金
老後の不安を解消して幸せな老後を送りたい全ての方に
老後資金 運用
老後の不安を解消して幸せな老後を送りたい全ての方に
老後資金 保険
老後の不安を解消して幸せな老後を送りたい全ての方に
老後資金 節約
老後の不安を解消して幸せな老後を送りたい全ての方に