老後の不安あれこれ

老後資金の作り方|老後の不安の解決方法>老後の不安あれこれ

 

 

このサイトは、

  • 老後について漠然とした不安を抱えている方、
  • 将来、年金だけで生活できるのか不安な方、
  • 老後資金の作り方や老後の賢い暮らし方について知りたい方
  • 歳老いた親が心配な方

などにとって、とても役立つサイトです。

 

 

特にこのコーナー【老後の不安あれこれ】は、
老後を考えた時、
実際に老後に直面した時に
99%の人が思い悩む事柄に焦点を当てて、
より良い老後生活を送るための知恵を説明しております。

 

老後について考えたら是非このサイトをご参照ください。
情報盛りだくさんです。ごゆっくりどうぞ^^

 

老後の不安あれこれ記事一覧

老後 住宅

老後はどこに住みたいですか?住み慣れた一戸建て住宅?それとも設備の整った賃貸マンション?それともいっそ老人ホームでしょうか?ある住宅メーカーのアンケートによると、以下のような結果になったそうです。<老後の理想の住まいは?>1位:平屋建て2位:マンション3位:一戸建て4位:その他(老人ホームなど)老後...

≫続きを読む

 

老後 住宅ローン

もし、あなたが今38歳で、今から35年の住宅ローンを組んだ場合、73歳までローン返済を続けることになります。65歳まで働けたとしても、あとの年金収入だけで返済が可能でしょうか?基本的に、老後も払い続けなければならないような住宅ローンは避けるべきです。 収入の見込みがなくなる65歳までにローンは完済し...

≫続きを読む

 

老後 仕事

「老後も仕事がしたい」と考える人は多いと思います。経済的理由はもちろんですが、それまでずっと働いてきて、いきなり何もない生活というのは味気ないものです。趣味に生きるのもいいですが、やりがいや自己実現のために仕事をしたいと思うのは自然なことです。老後に仕事を続けるには、以下のような方法があります。自営...

≫続きを読む

 

老後 再就職

最近では60歳ぴったりで定年退職する人は少なくなってきました。事業主に定年延長や継続雇用、再就職のあっせんが義務付けられたことと、「老後も働きたい!」と考える人が増えたためと思われます。老後も仕事をしたい場合、新たに再就職するのもひとつの方法ですが、やはりそれまでの経験やスキルを活かすには、従来の職...

≫続きを読む

 

老後 資格

仕事をするにしても探すにしても、老後に頼りになるのが「資格」です。 老後に役立つ資格には、どのようなものがあるのでしょうか?老後でも役立ちそうなのが、宅建と簿記2級です。 宅建は不動産を扱う業種なら必須です。 簿記2級は、会計担当でなくとも事業のことをある程度分かっているということで、職場で重宝され...

≫続きを読む

 

老後 健康保険

仕事を退職すると、翌日にはそれまでの健康保険の被保険者資格を失います。しかし、老後も健康保険に加入しておかないと、病気やけがの際の健康保険治療費が全額自己負担となってしまいます。退職後再就職した場合はそこの健康保険組合に加入すればよいのですが、そうでない場合は、老後の健康保険は、以下の3つの選択肢が...

≫続きを読む

 

老後 失業保険

老後でも失業保険をもらえることを知っていましたか?定年退職後に再就職をしようと思っている人は、一定期間失業保険を受給できます。倒産失業やリストラでなくても失業保険はもらえるのです。ただし、失業保険が支給されるのは65歳までです。年金との併用はできません。失業給付期間中に年金受給年齢に達した時は、年金...

≫続きを読む

 

老後 生活保護

老後になったら年金で生活するというのが一般的な考え方です。しかし、最近では老後を生活保護に頼る人が増えています。被生活保護世帯のうち、老後になってから、すなわち65歳以上のみの世帯の割合が45%以上もあるのです。ここまで高齢者の生活保護が増えたのは、国民年金の受給資格を得る25年以上の保険料納付を満...

≫続きを読む

 

老後 扶養

老後になると、健康保険の保険料が重荷になります。そんな時、家族の扶養に入る、という方法があります。被扶養者になると、保険料を納める必要はありません。自己負担3割で医療や薬の処方を受けることができます。扶養する側からすると、扶養負担分が課税対象額から控除されるため、所得税や住民税が安くなるメリットがあ...

≫続きを読む

 

親の老後

老後の問題は、本人だけでなく家族、特に子供にも大きく関わってくる問題です。 ここでは「親の老後」について考えてみます。子供にとって、親の老後はけっして無関係ではありません。 いざ金銭的・身体的問題が出てきた時に、あらかじめ話し合いをしていたがどうかは、後に大きな差が生れます。では、親の老後について、...

≫続きを読む

 

老後難民

かつて老後は家族がみてくれる社会でしたが、これからは福祉サービスに頼る時代です。新しい高齢者向けのサービスも続々と生まれてきています。しかし、それにはお金がかかることがこれまでとの違いです。その時、手元にお金がある人とない人の間で格差が生まれます。医療が受けられない、住むところがない、食事が作れない...

≫続きを読む

 

老後 施設

老後を安心して暮らす住まいには、自宅以外には何があるのでしょうか?高齢者が老後に利用する施設は、平成12年の介護保険法の施行により飛躍的に増えました。 かつては介護を必要とする老人ホームや特養老人ホームが主流でしたが、最近では高齢者が住みやすいマンションなど形態が多様化してきました。 老後に利用でき...

≫続きを読む

 

老後 移住

老後は仕事の都合で住む場所を固定する必要がありませんから、自分の好きなところに移住するチャンスです。現在よりも生活費が安く済むかも知れませんし、毎日お気に入りの景色に囲まれて過ごすことも可能です。老後に移住するとしたら、どのような環境がお好みですか?こんなアンケート結果があります。<老後に移住すると...

≫続きを読む

 

老後 国内

老後に国内移住するなら、どの都道府県が良いですか?ランキングで常に人気の上位を占めるのが、北海道と沖縄、そして東京です。特に人気があるのは沖縄です。 理由は「暖かくてのんびりできそう」、「海がきれいだから」といったものが多く見られます。また、北海道も「大自然に囲まれて暮らしたい」、「広い家に住めそう...

≫続きを読む

 

老後 沖縄

沖縄は、老後に移住したい土地として最も人気のある都道府県です。「暖かくおだやか」、「のんびりした生活」、「きれいな海」、「南の島」、「楽園」といったイメージがあるためでしょう。老後に沖縄に移住するメリットは、生活費や住居費が安く済むことです。 物価は本島に比べても低い水準ですし、2LDKで5万円とい...

≫続きを読む

 

老後 田舎暮らし

老後はのんびり田舎暮らしをしたいと考える人は多いでしょう。特に現役時代に都会で時間や仕事に追われてあわただしい生活をしていた人ほどそう感じるようです。では、老後の田舎暮らしは、本当に快適なのでしょうか?老後の都会暮らしとの違いは何でしょうか?<田舎暮らしのメリット・デメリット>静かで美しい環境都会に...

≫続きを読む

 

老後 海外

「老後を海外で」というと、移住や永住のように完全に引越しすることを想像してしまいますが、最近ではもう少し気軽な老後の海外生活方法があるようです。滞在期間を気にせず海外生活できるのが、「ロングステイ」です。生活の基盤は日本にあり、現地の住まいは買うか借りるかします。自分の好きな時に別荘感覚ですごす、「...

≫続きを読む

 

老後 ハワイ

老後を海外で過ごしたいと考える人に人気なのは、アメリカ、それも本土ではなくハワイです。ハワイでの老後生活には、どのような魅力があるのでしょうか?<老後のハワイ生活のメリット>温暖な気候比較的日本語が通じる陽気なハワイの人々との交流やはりあの暖かい気候にあこがれる人が多いようです。特に日本の雪国で育っ...

≫続きを読む

 

老後 マレーシア タイ

老後は海外で過ごしたいけれど、人気のハワイやオーストラリアはお金がかかりすぎて手が出せない、という人に支持されているのが、東南アジアです。特に人気があるのが、タイとマレーシアです。どちらも物価の安さと、日本からの近さにメリットがあります。<老後のタイ生活のポイント>物価が安く、日本食が手に入りやすい...

≫続きを読む

 

老後 オーストラリア ニュージーランド

オーストラリアやニュージーランドは、老後でなくとも移住希望者が多い日本人に人気の国です。特にオーストラリアはロングステイや移住希望先の常にトップクラスにあります。<老後のオーストラリア生活のポイント>年金受給者への優遇移住制度があるリタイアメント・ビザの取得には高額な資産と収入が必要住む都市によって...

≫続きを読む

 

老後 趣味

「老後には趣味を持ちたい」と考える人は、あるアンケートでは対象者の90%にのぼるそうです。理由は、「楽しみが増える」、「生きがいになる」、「有意義に時間を過ごせる」、「ボケ防止」などが挙げられています。老後に趣味を持ちたいと考える人が多いようですが、具体的にはどのような趣味に人気があるのでしょうか<...

≫続きを読む

 

老後 豊か

「豊かな老後」とは、どんなものでしょうか?経済的な豊かさでしょうか?おそらくこれが一番巷で語られる「豊かな老後」のための条件でしょう。 日本人は長寿になって老後が長いため、多くの生活費が必要ですから。しかし、お金さえあれば豊かであるとは、なかなか言いきれませんよね。では、健康でしょうか?これももちろ...

≫続きを読む