老後 扶養

老後の不安あれこれ>老後 扶養

 

 

老後 扶養

老後になると、健康保険の保険料が重荷になります。そんな時、家族の扶養に入る、という方法があります。

 

被扶養者になると、保険料を納める必要はありません。自己負担3割で医療や薬の処方を受けることができます。扶養する側からすると、扶養負担分が課税対象額から控除されるため、所得税や住民税が安くなるメリットがあります。

 

老後に扶養を受けるため、必ずしもその家族と同居する必要はありません。 別居でも大丈夫です。ただし加入条件が少し変わります。以下を参照して下さい。

 

 

 

老後 扶養

<扶養に入る条件>

  • 自身の年収が130万円未満
  • 家族が三親等以内の親族
  • 家族の収入で生活を立てている
  • (同居の場合)家族の収入が自身の2倍以上
  • (別居の場合)家族の収入が自身よりも多い

 

扶養に入れば金銭的にも負担が軽くなりますし、同居していれば老後の生活も安心です。 しかしそれには扶養者・被扶養者両方の納得が必要です。

 

 

老後 扶養

老後になったから同居したいと言っても、一緒に住む家族の負担が大きすぎるのはよくありません。 また、多くの場合自分の子供世帯に扶養を頼むことになるので、親という立場から抵抗感がある人もいます。

 

老後の収入が少なく、国民健康保険の負担が重い人には、扶養は有効な解決策です。 家族とよく話し合って、検討してみてください。

 

老後 扶養関連ページ

老後 住宅
老後の不安を解消して幸せな老後を送りたい全ての方に
老後 住宅ローン
老後の不安を解消して幸せな老後を送りたい全ての方に
老後 仕事
老後の不安を解消して幸せな老後を送りたい全ての方に
老後 再就職
老後の不安を解消して幸せな老後を送りたい全ての方に
老後 資格
老後の不安を解消して幸せな老後を送りたい全ての方に
老後 健康保険
老後の不安を解消して幸せな老後を送りたい全ての方に
老後 失業保険
老後の不安を解消して幸せな老後を送りたい全ての方に
老後 生活保護
老後の不安を解消して幸せな老後を送りたい全ての方に
親の老後
老後の不安を解消して幸せな老後を送りたい全ての方に
老後難民
老後の不安を解消して幸せな老後を送りたい全ての方に
老後 施設
老後の不安を解消して幸せな老後を送りたい全ての方に
老後 移住
老後の不安を解消して幸せな老後を送りたい全ての方に
老後 国内
老後の不安を解消して幸せな老後を送りたい全ての方に
老後 沖縄
老後の不安を解消して幸せな老後を送りたい全ての方に
老後 田舎暮らし
老後の不安を解消して幸せな老後を送りたい全ての方に
老後 海外
老後の不安を解消して幸せな老後を送りたい全ての方に
老後 ハワイ
老後の不安を解消して幸せな老後を送りたい全ての方に
老後 マレーシア タイ
老後の不安を解消して幸せな老後を送りたい全ての方に
老後 オーストラリア ニュージーランド
老後の不安を解消して幸せな老後を送りたい全ての方に
老後 趣味
老後の不安を解消して幸せな老後を送りたい全ての方に
老後 豊か
老後の不安を解消して幸せな老後を送りたい全ての方に